著者情報

キノミモリ

木野美森

東京都在住。 2015年はじめてネットで発表した「運命の乙女は狂王に奪われる」で出版デビュー。 好きなものは猫とアイス。

レジーナブックス執筆作品

令嬢司書は冷酷な王子の腕の中
伯爵家令嬢ながら、意地が悪い義母に家を追い出され図書館で住み込み司書をしているリーネ。彼女は仕事の一環で、幽閉中の王子へ本を届けることに。その時の本をきっかけにリーネへ興味を持った彼は、以来、定期的に彼女を呼び出すようになる。そんなある日、彼は幽閉先を脱出して兄王を倒し王位に就く。そしてリーネを王宮へ呼び出し、彼女に求婚するのだった。自分には王妃なんて難しいと主張するリーネだが、彼に言いくるめられ、結局結婚してしまう。とはいえ夫婦として共に過ごす中で、リーネは優しく麗しい彼に少しずつ惹かれていく。けれど、王としての彼に関するよくない噂や義母の不穏な動きに悩まされて――
---
運命の乙女は狂王に奪われる レジーナ文庫
弟が敵国の狂王を暗殺しようとしていると聞き、その現場に飛び込んだ伯爵令嬢のリリー。彼女は、返り討ちに遭いそうな弟を必死に庇う。当然切り捨てられるかと思っていたのだが、王はなにもせずに立ち去ってしまった。結局、命は助かったが、リリーと弟は囚われの身となる。そんな彼女に、王の側近が接近してくる。側近曰く、王が狂王となったのは呪いが原因であり、それを解けるのは「運命の乙女」のみだとか。しかも、彼はリリーがその乙女に違いないと言い出した! 弟のこともあり、仕方なく王の傍で彼を癒し、呪いを解こうと試みるリリー。けれど、次第に王に惹かれていき――!? 文庫だけの書き下ろし番外編も収録!
---
異世界で傭兵団のマネージャーはじめました。
高校のラグビー部で女子マネージャーをしていたサキ。彼女はある日、謎の爆発に巻き込まれ異世界に飛んでしまった! そこでサキは傭兵の青年に保護される。彼女は傭兵団のボロ砦でしばらく過ごすうちに、団員の一人からある話を聞いた。それは、大手柄を立てれば元の世界に帰る手がかりが得られるかも、というもの。だが、この傭兵団の団員達ときたら気ままだし、みんな自分の事情で手一杯で手柄どころではなさそう……。そのためサキは、彼らの問題解決などに乗り出す! しかし、彼女が奮闘する中、数百年前に猛威をふるった恐ろしい魔物キメラが再出現するという話が持ち上がり――!?
---
運命の乙女は狂王に奪われる
弟が敵国の狂王を暗殺しようとしていると聞き、その現場に飛び込んだ伯爵令嬢のリリー。彼女は、返り討ちに遭いそうな弟を必死に庇う。当然切り捨てられるかと思っていたのだが、王はなにもせずに立ち去ってしまった。結局、命は助かったが、リリーと弟は囚われの身となる。そんな彼女に、王の側近が接近してくる。側近曰く、王が狂王となったのは呪いが原因であり、それを解けるのは「運命の乙女」のみだとか。しかも、彼はリリーがその乙女に違いないと言い出した! 弟のこともあり、仕方なく王の傍で彼を癒し、呪いを解こうと試みるリリー。けれど、次第に王に惹かれていき――!?
---
アルファポリス著者情報ページ