新刊 (単行本)

『氷の悪女』は王子から婚約破棄を宣告される
辺境伯令嬢であるセレスは、とある事情で『氷の悪女』と根も葉もない噂を立てられていた。婚約者のクリストファーも噂を否定するどころかセレスに冷たく当たる。そんな時、セレス達の暮らす人間の国に、獣人の国の使節団がやってくることになった。獣人の王であるローファンは、人を恐れさせる姿とは裏腹に誠実で穏やかな性格をしており、会ったばかりのはずのセレスにも優しい。交友を深めるうち、セレスはローファンに惹かれるようになり……。
定価:本体1200円+税
初版発行 2020年12月 304頁 四六判 ソフトカバー
ISBN 978-4-434-28143-3
---
異世界で郵便配達はじめました
ある日突然、異世界に召喚された芽衣。彼女が転移した先は、人間の王が治める、ヒューマ国だった。王様によると、とある事情により国の危機に瀕しているので、芽衣に助けてほしいという。ヒューマ国を助ける方法は――まさかの手紙を届けること!? 「……いやいや、勝手に呼び出しておいて、更に国の命運を、ただの日本人の肩にかけないでください!」芽衣は抵抗したものの、あれよあれよと手紙を託されてしまった。その上、異世界では郵便配達員のバイトも、一筋縄ではいかなくて――!? 異世界お仕事奮闘コメディ、ここに開幕!!
定価:本体1200円+税
初版発行 2020年12月 304頁 四六判 ソフトカバー
ISBN 978-4-434-28142-6
---
人生七回目、さすがにもう疲れたので好きに生きます
十六歳に婚約破棄されるという人生を六度も繰り返してきた、公爵令嬢クラリス。どんなに努力をしても婚約者は別の女性を好きになり、こっぴどく振られ、気がつくと六歳まで人生が巻き戻っているのだ。そうして訪れた七度目の人生――すべてを諦め、一人で生きていくことを決意したのだけれど、ひょんなことから婚約者の従兄であるクレイグと出会う。これまでの人生では関わりのなかった彼との出会いは、クラリスの未来を大きく変えていき……ネットで人気のループファンタジー、待望の書籍化!
定価:本体1200円+税
初版発行 2020年12月 296頁 四六判 ソフトカバー
ISBN 978-4-434-28144-0
---
転生幼女。神獣と王子と、最強のおじさん傭兵団の中で生きる。
見知らぬ草原で目を覚ました優乃。驚いたことに体が幼女になっている。直感で転生したことを悟った彼女は、「とりあえず生きよう」と、あっさり事実を受け入れ、一先ず近くの町を訪れる。そこで、ラナグという神獣や最強の傭兵達と出会い、リゼと名乗ることに。傭兵団の基地でご厄介になることになったリゼは、ラナグのゴハンを調達するためドラゴン狩りに出かけたり、竜巻魔法でアメリカンドッグを作ったり……彼女の異世界ライフはハチャメチャに破天荒で――!? 天才幼女と規格外な仲間の異世界珍道中!
定価:本体1200円+税
初版発行 2020年12月 296頁 四六判
ISBN 978-4-434-28145-7
---
妹ばかり可愛がられた伯爵令嬢、妹の身代わりにされ残虐非道な冷血公爵の嫁となる
実の両親から冷遇されてきた、伯爵令嬢アネッサ。膨大な魔力を持つ妹が生まれたあとにはさらに疎まれ、今では幼い弟からも貶される始末。けれど、優しく純真な妹には心から慕われており、アネッサもまた彼女を大切に思っていた。そんな大事な妹のもとに、ある日、とんでもない手紙が届く。『美しい緑の瞳の令嬢』に宛てられたその手紙の内容は、残虐非道と噂されるビスハイル公爵からの結婚の申し入れだった。力を持つ公爵家との婚姻を断ることなどできない。そこで、美しくはないけれど『緑の瞳』を持つアネッサが 妹の身代わりとして嫁ぐこととなり――アルファポリス「第13回恋愛小説大賞」大賞受賞作、待望の書籍化!
定価:本体1200円+税
初版発行 2020年12月 296頁 四六判
ISBN 978-4-434-28146-4
---